2013年6月13日 (木)

マナラとかあります

マナラが良いですね。肌荒れ(外的要因と内的要因があるといわれています)を起こしやすい時期として、よく言われるのが妊娠してしまってはきです。特に、妊娠初期に起こりがちなとされており、女性ホルモン(あえて注射などで補う人もいますよね)の変化により皮脂の分泌が活発になったり、妊娠に対して精神的に不安(人に打ち明けることで多少は楽になることもあるはずです)になったりする事が関係しているみたいです。ホルモンバランス(これの乱れが、生理痛がひどい、生理が不規則、生理前にPMSになる、更年期障害の症状がつらいなどの場合の原因だとされています)の変化で皮脂(皮膚の表面に分泌される脂です)の分泌が活発になったならね、ニキビやにきびが可能でやすくなってしまったり、しみなども出来やすくなってしまうのです。こういった肌トラブル(二十歳を過ぎると、これまでとは違う悩みが生じてくるものです)が起きてしまう前に、また、ちょっとでも肌荒れ(外的要因と内的要因があるといわれています)を和らげるためにも、妊娠中はいつも以上に肌への対策が必要になるでしょう。まず最初に、きちんとバランスのとれた食事を心がけて下さい。妊娠時は食べ物の好き嫌いが変化しやすく偏った食事になりがちなので、肌トラブル(まずは、その肌トラブルが起こってしまった原因を知り、改善していくことが大切でしょう)の緩和以外に、赤ちゃん(昔から、「子供は三歳までのかわいさで一生分の親孝行をする」なんていわれます。赤ちゃんのうちから、なるべくたくさんの写真や映像を残しておきたいものですね)の栄養面への配慮も含めて、食生活(きちんと決まった時間に栄養バランスのとれたものを食べるというのが理想です)の乱れや食べ過ぎに十分に注意が必要になりますよね。それに、水分もきちんとってください。それから、睡眠時間(効果的に昼寝を取り入れることで、仕事や勉強の能率があがります)を十分にとり、規則正しく寝ることも重要です。できれば、22時~2時の肌のゴールデンタイムに熟睡(睡眠環境を整えることで、睡眠の質を上げることも可能でしょう)しているというのが理想(現実とはかけ離れていることも多いかもしれません)です。このとき間帯に熟睡(熟眠ともいい、質のいい睡眠をとれたことを指します)していれば、肌の生まれ変わりが最も活発におこなわれるになりますよ。さらに、肌を乾燥させないのでにも、部屋の湿度を60%程度に保ってます。特に冬の季節は乾燥しやすいので、加湿器などを利用しなるべく湿度を保ってください。また、利用してみる化粧品(試供品などを使ってみて、肌に合うかを確認することが大切でしょう)や洗顔料にも注意(散漫だとミスやケガが多くなってしまうものです)し、洗顔料は洗浄力が高いものは利用するのを控え、化粧品(最近では、口コミをみてから購入する人も少なくありません)も低刺激なものを使用し、肌荒れ(生活を改善することが何よりも大切でしょう)を起さないように注意(しすぎというくらいでちょうどいいのかもしれないですね)した方がいいでしょう。

最近の記事

無料ブログはココログ